かわべクリニック

在宅療養支援診療所

かわべクリニック

内科・緩和ケア内科・呼吸器内科

かわべクリニック

在宅療養支援診療所

かわべクリニック

内科・緩和ケア内科・呼吸器内科

〒577-0843 東大阪市荒川3丁目5番6号 MMビル203

TEL : 06-4309-8119FAX:06-4309-8118

お問い合わせ
求人情報

よくあるご質問

ご利用者さまからいただくご質問にお答えいたします。

病院医療と在宅医療の、両方を受けることはできますか?

できます。当クリニックでも病院で抗がん剤などのがん治療を行いながら、在宅で副作用に対する処置、症状コントロールを行っている方が多くおられます。
積極的な治療を継続して行っている方はもちろん、在宅医療のみでは不安があるので、病院医療も受けながら「とりあえず家で過ごしてみよう」という方もいらっしゃいます。

在宅医療のために、必要な準備はなんですか?

まずは在宅主治医を選ぶことです。あわせて、介護保険の準備をしてください。
病院の地域医療連携室にはソーシャルワーカー(MSW)などがいて、在宅医療の相談に応じてくれますので、入院中に
情報を集めておきましょう。
当クリニックでは、親身に相談に乗ってくれる、がんにも詳しいケアマネージャーをご紹介できます。

在宅医療の主治医は、どのように探したらよいでしょうか?

自宅の近所にある開業医のうち、「在宅療養支援診療所」となっているところを選んでください。どこにあるのかわから
なければ、病院の地域医療連携室に相談するのも良いでしょう。
当クリニックでの在宅訪問診療を希望される場合は、直接お電話していただくか、もしくは、当クリニックに受診したい
旨を現在かかりつけの病院、地域医療連携室にお伝えいただくだけで大丈夫です。

病院の主治医に、「状態が悪いので家に帰れません」と言われてしまいました。在宅医療に切り替える方法は ありますか?

自宅の近所にある開業医のうち、「在宅療養支援診療所」となっているところを選んでください。どこにあるのかわからなければ、病院の地域医療連携室に相談するのも良いでしょう。
当クリニックでの在宅訪問診療を希望される場合は、直接お電話していただくか、もしくは、当クリニックに受診したい旨を現在かかりつけの病院、地域医療連携室にお伝えいただくだけで大丈夫です。

がん以外の病気でも、在宅医療ができますか?

できます。すべての慢性の病気が、在宅医療の対象です。
当クリニックではがんが中心ですが、認知症、神経難病に対する在宅医療も行っています。

在宅でも、痛みのコントロールはできますか?

できます。当クリニックでは自宅でも病院と全く同じように麻薬を使用し、緩和を行っています。
また医師や看護師が、ご家族に自宅で疼痛緩和のための麻薬の使い方をお教えします。

臨終のときには、どうすればよいのでしょうか?

もし主治医が臨終に間に合わなくても、病気で亡くなったことが明らかであれば、呼吸停止から少し時間が経過していても、法律的には問題なく死亡診断書を発行できます。
当クリニックでは、ご家族に「看取りのパンフレット」をお渡し、ご臨終間際、ご臨終の際の心構えや必要なご連絡等について、事前にご説明しております。開業以来、約2年で120名のご自宅での看取りを行っています。24時間365日きちんと対応できているからだと自負しております。